メールレディの確定申告はどうする?

メールレディの確定申告は、働き方で金額が変わる

確定申告

メールレディとして在宅でお仕事をした場合、その収入額によっては確定申告の義務が出てきます。

 

課税対象となる収入額は、働き方によって若干その金額が変わってきますので、
まずは自分がどちらに当てはまるか、課税対象の確認をしましょう。

 

副業としてメールレディをしている場合

普段は会社勤め、もしくは他のアルバイトやパートなどをしていてメールレディのお仕事が「副収入」である場合、
メールレディとして得た収入が年間20万円以下の場合は確定申告の必要がありません。

 

 

副業としてメールレディで得た収入が20万円を超えた場合、さらに、その他のお仕事合わせた全体収入の割合によって、申告内容が以下のように若干変わってきます。

 

  • メールレディのお仕事があくまで副収入。

    単発的に発生した報酬ということであれば「雑所得」

  •  

  • メールレディのお仕事を本業。

    継続的な報酬を得ている場合は「事業所得」

 

「事業所得」として申告した場合は注意が必要です。

メールレディとして得た報酬が本業と見なされるため、
その他のお仕事で得た収入に対する所得税をゼロにすることも可能です。

 

自分が得ている収入の全体のバランスを考慮して、もっとも適した申告を行うようにしましょう。

 

主婦や学生さんで、メールレディが唯一の収入源である場合

メールレディ以外にお仕事をしていない場合は、
1年間の合計収入が38万円以下の場合は、確定申告をする必要がありません。

 

年間38万円というのは、法律で定められた「基礎控除」の額で、収入のある人全てが対象になっており、無条件で認められた所得控除となっています。

 

一般的な所得控除の金額について

基礎控除38万円+給与所得控除65万円と定められています。

 

メールレディのお仕事は、会社勤めのように雇用契約を結んでのお仕事ではありません。

 

得られる報酬は「給与」ではなくあくまで「報酬」であることがポイントです。

 

メールレディは、一人一人が個人事業主です。

ライブチャット運営会社と業務請負契約を結んでのお仕事となりますので、「給与所得控除」の対象とはなりません。

 

メールレディとしての収入が年間で38万円を超えた場合は、課税対象となりますので確定申告が必要となります。

 

確定申告について

毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について、翌年の2月16日から3月15日までの間に申告をし、所得税を納付することが義務づけられています。

 

課税対象であるにも関わらず、確定申告をせずに所得税を納付しないでいると、追徴課税になってしまいます。

 

数年後には、高額な罰金と全体税が加算されて請求されてしまうことになりかねません。

 

確定申告は必ず行うようにしましょう。

QRコード

パソコンでのメールレディについては矢印こちら