メールレディの勤務時間って?

勤務時間について

飲み物を飲む女性

もうすでにご紹介していますが、メールレディには決まった勤務時間というものはありません。
自分の都合の良い時間帯に、自分が働きたいだけ、それだけでOKです。

 

考えてみると、そんなに都合の良いお仕事はなかなかないですよね。
パートやアルバイトでも、事前にシフトを決めておかないといけません。

 

あとから友達から誘いが入ったけれど、仕事を入れていて断らないといけなかった・・・
子どもが突然熱を出してしまって、当日にシフトをかえてもらって迷惑をかけてしまった・・・
ということは、よくある話ですよね。

 

シフトがないということは、時間にしばられず、同時に他のこともできてしまうということ。
参考に、メールレディをしている女性の活動例をご紹介しますね。

 

正規社員として会社勤めをしているAさん

フルタイムで働いて、残業も多いのであまり自由な時間はありません。
・通勤時間の電車の中 30分×2=60分
・昼休み       30分
・家に帰ってから眠る前  30分
1日2時間だけ、メールレディの副業をしています。

 

主婦のBさん

2人の子育てとパートの仕事で自由な時間はあまりありません。
・ご主人と子供を送りだして出勤するまでの1時間
・子供が寝た後の1時間
1日2時間だけ利用しています。

 

大学生のCさん

アルバイトを2つかけもちしていて、学校の勉強もサークルも忙しい女性。
バイトに向かう時や帰る時、学校の授業の空き時間、を中心に活動しています。
先日は、友達と行った旅行先の温泉で、合間をみつけてたくさんメールができたそうです。

 

そう考えてみると、あまり忙しくて時間がないと思っていても、場所を選ばずできるメールレディなら誰でもできそうですよね。
外に出て仕事ができない女性だけではなく、すでに働いていてさらに副収入を得たいと思っている女性にも人気があるのは、そのためなです!

 

働く日数も、毎日じゃなくても大丈夫です。
「今日はちょっと忙しくて…」
「なんだか体調がすぐれない」
なんて時には、遠慮なしにお休みしちゃいましょう!

 

あなたの空いた時間に好きなだけ働ける、それがメールレディの素晴らしいところなんですから。
ただし完全な歩合制なので、頑張って働いた人にはそれなりの報酬があります。
自分で調整しながら、無理せず、あいた時間を上手に利用していきましょう。

 

慣れてくればコツを掴めるので、短時間で効率よく稼ぐことが出来るようになりますよ。
時間を上手に使って高収入を稼ぐことができるメールレディ。
ぜひ、あなたも始めてみませんか?

 


QRコード

パソコンでのメールレディについては矢印こちら