メールレディの確定申告で副業はばれる?

OLメールレディの確定申告、会社に副業がばれるのを防ぐためには?

副業の確定申告

会社に勤めるほとんどの人が、基本的には会社を通じて税金を納めているのが一般的であるため、ご自身で税務署まで確定申告に出向くということは珍しいと思います。

 

週末や夜間などの空いてる時間に好きなように働けるメールレディは会社勤めのOLさんにも人気の副業です。

 


メールレディとして得た収入を、普通に確定申告してしまうと?

副業していることが会社にばれてしまうことがあります。

 

その結果、会社の就業規則に違反しているとして、場合によっては厳重な処分を受けることにもなりかねません。
自分自身で出来る対応をしておくことが必要ですね。

 

副収入は雑所得として申告

会社から得ている「給与」を本所得とした場合、メールレディで得た「報酬」は雑所得として確定申告することになります。
雑所得が20万円以上になる場合、確定申告で税額を確定する必要が出てきます。

 

雑所得は必要経費の計上が認められています。

「収入金額ー必要経費」が20万円を上回る場合、書式に従って確定申告をしましょう。

 

住民税から副業がばれる!

雑所得として申告した金額には、所得税のほか住民税もかかります。そのため、住民税を徴収するお住まいの市区町村に税務署から所得の通知が送られることになります。

 

通知を受けた市区町村は、会社から通知を受けた「給与所得」とこの「雑所得」の合計金額を元に、翌年徴収する住民税の金額を計算し、勤務先へと住民税額を通知します。

 

勤務先で源泉徴収書を受け取る際の注意

会社からの給与は同額であるにもかかわらず、住民税の額面が他の同僚よりも多くなっていると、そこから副収入があり副業をしていることが会社にばれてしまうのです。

 

会社に知られずに副業の確定申告をすませるには?

会社勤めの会社員、OLさんの場合、所得税の確定申告は会社が一括してお給料から天引きという形でまとめて支払ってくれることが多いでしょう。

 

けれども、通常通りメールレディのお仕事で得た副収入を確定申告してしまうと、お給料から天引きされる額面が変わってしまい、会社に副業がばれてしまいます。

 

確定申告の際は「所得税の確定申告書A」に注目

住民税の徴収方法の欄の「普通徴収」(自分で納付する)にチェックを入れておくと、住民税の納付書が会社ではなく個人宛に自分に送られてくることになります。

住民税を自分で納付する手続きをしておくメリット

会社からもらう「給与」に関する納税額は従来通りお給料から天引きされます。

 

個人的な雑所得により発生する住民税は自分自身で会社に知られずに納めることが出来るわけです。

 

「普通徴収」を選択した場合、その年の6月頃に市区町村から納付書が送られてきますので、それをもって役所や銀行、郵便局の窓口やコンビニなどで自分自身で納付することになりますので、忘れずに納税してくださいね。

QRコード

パソコンでのメールレディについては矢印こちら