メールレディの確定申告は主婦でも必要?

メールレディの確定申告、主婦が扶養から外れないように働くには?

主婦の確定申告

家庭の主婦が収入を得るということは、その世帯の総収入が増えることになります。
場合によってはご主人にかかる納税金額も大きく変わってきてしまいます。

 

主婦がメールレディとしてお仕事を始める場合は以下の点に注意するようにしましょう。

 

夫の扶養家族から外れないためには年収を130万円以内に抑えよう!

主婦の年収が130万円を超えてしまうと、ご主人の扶養家族から外れてしまいます。

 

扶養家族に入っていることで、健康保険が夫の会社から負担してもらえたり、保険料ゼロで国民年金に加入できたりと様々な優遇措置が受けられます。

 

また、税金の面でも夫の所得額から配偶者控除と配偶者特別控除を合わせ最大でで76万円の控除が受けられるので、主婦がメールレディで収入を得る際にはその年収額をしっかりと計算しておく必要があります。
単純計算して、年間130万円以下にする場合は、月平均10万円以下に収入を抑える必要がありますね。

 

自分の所得を38万円以下に抑えよう!

所得を38万円以下に抑えることによって、所得税を非課税にすることが出来ます。

 

年間38万円と考えると単純計算しても毎月3万円程度の収入ということになりますね。
せっかくメールレディとしてお仕事をするのだからもっと稼ぎたい!と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでのポイントは「課税所得額」が38万円以下というところです。

 

課税所得額とは、総収入から必要経費を差し引いたものです。

つまり、収入が38万円を超えていたとしても、必要経費を増やせば所得額は減らすことが出来るというわけです。

 

もちろん必要経費には証明が必要ですが、メールレディをする場合に考えられる必要経費として光熱費や、インターネット接続料などがありますので、確定申告の際は必要経費を計上して所得を38万円以下に抑えましょう。

 

まとめ

主婦が夫の扶養家族に入り、健康保険をカバーしてもらうためには年間の「収入」を130万円未満に抑えること。

 

そして、所得税を非課税の範囲に抑えたいのであれば「所得」を38万円以内に抑えれば良いということになります。

 

気をつけたいのは年間の収入が130万円を超える場合です。

この場合、まず夫の扶養家族から外れてしまうので、
ご自身で保険に加入し保険料を支払わなければならなくなります。

 

さらに、そこに収入額に合わせた所得税の負担がかかってきますので、場合によっては年収120万円程度のときと比べて世帯収入は変わらないか、それ以下になってしまうことも考えられるのです。

 

メールレディとしての収入が年収130万円を超えそうな場合は、思い切って年収150万円以上を狙うのがよいでしょう。
この場合は月平均125,000円程度の報酬が目安となっています。

QRコード

パソコンでのメールレディについては矢印こちら